医療事務の給料

医療事務の給料は比較的高いといわれています。確かにデスク系の仕事の中では医療事務の給料は高めではないでしょうか。しかし、求人内容や勤務体制にもよるのです。例えば、パートとアルバイトでは時給が高いけど、正社員になったら安くなってしまうという傾向もあるようです。又、就職(転職)する病院の規模によっても違いが現れます。しかし、どちらにしても普通のデスク系の仕事のなかでは医療事務の給料は高いでしょう。比較的規模が大きいところでは18万円くらいからで、規模が小さくなると15万円程度でしょう。しかし、これは初任給を含めた平均的な金額なのでもっと多いところもあれば、低いところもあるのです。又、都市部では20万円以上というケースもありますが、地方に行くと14万円程度というところもあるようです。しかし、一般的な中小企業の事務と比較すると医療事務の給料は比較的よいのではないでしょうか。逆に、正社員ではなくアルバイトやパートのほうが時給計算で給料が高くなるケースもあるので正社員にこだわる必要もなさそうです。医療事務は給料の高さが気になるところですが、その一方で転職がしやすいというメリットも。それと同時に派遣も比較的求人が多いと聞きます。給料ばかりが目立ってしまいますが、そのほかのメリットのほうが大きいのではないでしょうか?

スポンサードリンク
2

医療事務の仕事内容

医療事務の仕事内容が気になるところですね。いくら給料が高いといわれているからとはいえ、仕事内容がハードすぎるのならば見合ってないことになるので仕事内容が肝心です。基本的には医療費の点数計算です。簡単に説明すると、医療の現場で使われる点数という概念を理解し、保険などと照らし合わせ金額を出していくのが医療事務の仕事内容です。これは初めはなれないので難しいと感じるでしょう。しかし、慣れてくればそれほど難しくありません。仕事内容としては常にこの計算をしていることになります。病院によっては事務だけでなく呼び出しなども行うところもあります。

医療事務の資格

医療事務は資格を取らないと仕事には就けません。求人や募集を見て、医療事務の給料や時給の高さに興味をもち直接面接に行っても資格がないとバイトすらできません。医療事務は資格を取らないと仕事に就くことはできません。そのために専門学校があったり、通信講座(通信教育)があるのです。通信でいうと、ニチイ学館・ユーキャン・ニックが有名です。専門学校は各地方に最低一つはあるのでそういた所を利用する形となります。中には通信講座を使わず書店などの書籍や問題集を利用して独学で取得しようという方がいますが、まず無理でしょう。

医療事務の通信講座

医療事務は通信講座で資格を取るのがオススメです。専門学校と通信講座には正直なところ、差がありません。専門学校のメリットとしては通学をし決まった時間で勉強するので実に入ります。デメリットとしては時間の制約があるところです。現在仕事を持っている、転職に使いたいというのであれば専門学校は向いていません。逆に通信講座・通信教育ならば時間の制約がないので自分のペースで医療事務の勉強ができます(最低限の時間の制限はあります)。既に仕事を持っているのなら通信講座がオススメです。医療事務の資格で有名なユーキャン・ニチイ学館・ニックは資料請求も行えるので興味がある方は是非。又、合格率には差がありませんので、ご自分の環境に合わせた医療事務の資格の取得方法を選ぶとよいでしょう。医療事務は給料の高さ以外にもメリットがあります。是非検討してみてはいかがでしょうか。

3

医療事務の給料