お風呂のカビ対策

お風呂のカビ対策というのは、最も出やすい場所でもあるので、悩んでいる方は多い事でしょう。お風呂のカビは臭いの元にもなります。お風呂は、その日一日の自分の体の汚れを落とす場所です。また、癒しの空間でもありますよね。そんなお風呂が、カビだらけでは意味がありません。そして、カビは見えない・知らないうちに体の中に入り込み、様々な影響を体に及ぼします。いち早くカビ対策として除去し、さらに予防していく事が大切です。お風呂のカビに効果のある洗剤なども沢山種類もあり販売されています。それを使う事も良いですが、毎日の掃除が肝心。カビは湿気のある場所を好みます。温度も高いほどその発育は早いといえるので、そんな環境を作らない事がまず第一と言えるのではないでしょうか。入浴後は、換気扇をつけたり窓を開けておいたりして、湿気や温度を下げます。冷たいシャワーなどを壁などにかけたりしている方も多いようです。そんな日頃の些細な対策法が予防に繋がります。又、温室も同様です。温室はどうしても湿気が貯まりやすいのでお風呂(浴室)と同様の対策が必要です。

スポンサードリンク
2

結露のカビ対策

結露というのは生えやすいといえますし、原因にもなります。なので、結露を出さないようにする事が大事ですが、簡単にはいきませんよね…。温度差などがあったり、湿気があると結露が生まれてしまうので、換気もとても大事ですよ。また、少し面倒かもしれませんが、拭き取ることが良いと思います。そのまま、頬って置くことにより汚れなどにもなるので、ふき取る事で解決しましょう。

マットレスのカビ対策

マットレスは、汚れもつきますし湿っているので、ヌメヌメとしたカビが生えやすいです。これも、乾燥させることが大事だと思います。敷いたままにせずに、入浴後などは冷たいシャワーで洗い流し、立て掛けて置くとよいでしょう。面倒かもしれませんがこんなほんの些細な事で予防できます。壁などを拭く際には、簡単にでも良いので一緒に拭いてあげても良いかと思います。

カビ対策と除去方法

日のカビ対策が、予防へと繋がります。カビの好むような環境を作らない事が一番のポイントです。生えてしまった時は、洗剤類などを使って除去しましょう。毎日の対策をしていれば、そんなには生えないと思いますが、それでも生えてしまうようなら、市販の対策用グッズなどの商品をうまく兼用してみるのも良いかも知れません。ネット上でもカビに効くグッズが通販できますよ。ちなみに、ユニットバスはトイレも兼ね備えているのでお風呂の対策と同様に予防が必要です。ユニットバスの場合は、普通の浴室よりも生えやすいので注意が必要です。

3

お風呂のカビ対策