新築マンションの値引き

新築マンションの値引きですが、基本的には期待しないほうがよいでしょう。一般的には新築マンションは値引きをしないで販売されているのが現状なので、過度な期待はしないほうが無難。ただ、交渉の仕方や物件によっては新築マンションも値引きが可能なところも。では、その見分け方は一体どんなことになるのでしょう。それは、分譲だろうがなんだろうが、その物件がいつ販売開始され、現在どれくらいの戸数が空いてるのかが新築マンションの値引きにおいては重要。例えば、販売開始されてから半年が経過してるのに、満室になっていないといった場合は新築マンションでも値引きの可能性が高くなってきます。というのも、物件が空いてる状況というのは不動産会社にとっても嬉しくないので、金額を安くしてでも売りたいと思うのです。住宅とはいえ、不動産会社からしてみると商品の一つ。売り切りたいのが心情。そこをいかについていくかが新築マンションの値引きの第一歩となるのです。

スポンサードリンク
2

新築マンションの口コミ

新築マンションの値引きにおいて、ある程度の日数が経過してるのにも関わらず物件が空いてるということであれば、人気がある部屋は売れてしまってることが多く、さほど人気のない部屋が空いてるケースが多くなります。そういった人気の無い物件は新築マンションでも値引きされるケースが多く、交渉しだいで安くなることは十分に考えられます。まずは、販売開始からの日数、空いている部屋数、この二つが新築マンションの値引きの交渉のコツです。そういった物件を探して、担当者と話をする際に、値引きについて話します。ただ、新築マンションなので、基本的には相手も多少のことでは動きません。それに、はじめから安くできないといった話をしてくるかもしれません。それをはじめに言わせないようにしてください。いくらなら買うといった具体的な数字をこちらが示すのです。これが新築マンションの値引きのコツ。

新築マンションの物件

営業マンに値引き金額を言わせてからだと、微々たる値段しか引いてくれません。そうなったらこちらが後手に回ってしまうので、安く新築マンションを手に入れたいのならば、しっかりとした気持ちで交渉をしましょう。値引きの金額はこちらから言う。その時に、いくらなら買うといった金額のほかに、住宅ローンの審査が既に済んでることを伝えます。そうすれば、契約すればいいだけなので、不動産会社としても話が早くなりそうだと考え、予定よりも値引きの金額が大きくなるケースがあります。実際、そういった体験談を持っている方も多いですし、ブログや掲示板などでもそうのような体験談を書かれている方がいます。住宅ローンの審査と、物件の見分け方を予め調べておくことが新築マンションの値引きをするときや購入時には必要となってくるようです。

各地区の新築マンション

現在、新築マンションがどんどん建設されています。東京はもちろんのこと、大阪・名古屋などの都市地区。広島や福岡、横浜などの人気地域など色々な都市部で新築マンションが建てられています。そのなかでも二子玉川が人気のようです。二子玉川は生活の利便性が高く人気があります。ただ、掲示板などを見てみると人気のある地域ほど新築マンションの値引きはされてないようです。新築マンションを値引きで安く購入したいというのであれば、購入する地域も考えないといけないですね。

3

新築マンションの値引き