ソニー損保の学資保険

ソニー損保の学資保険を子供の誕生にあわせて関心を持ったりしている方は多いのでは?ソニー損保の学資保険の特徴は主に4つ。一つ目は貯蓄性の高さ。ソニー損保の学資保険は入学や進学にあわせて必要となる学資金を計画的に準備していきたいという方に向いています。内容としてはシンプルですが、その分貯蓄性を高くし、効率的に経済的サポートをしてくれます。ソニー損保の学資保険の二つ目の特徴は加入者のニーズにあわせて自由な設計ができること。基準学資金や払込方法が選べるなど、各家庭に合ったプランを作成できるのは大きな魅力。払込方法が任意に選べ、月払いより半年払い、年払い、一時払いの方が割安になるようです。3つ目のソニー損保の特徴は、17歳満期でも選べる点。子供が早生まれだったり、契約のタイミングによっては満期学資金の受取時期が高校卒業になってしまうことがありますが安心です。17歳満期の他にも、18歳満期、20歳満期、22歳満期があり、合計4つのパターンの中から選べるので、必要なときに学資金を受け取る事ができます。4つ目は、親(契約者)が死亡した時や、所定の高度障害になった場合など、以後の保険料の払込が免除になります(一時払いを除く)。この場合も学資金額は全額受け取れるので、貯蓄とは違い、確実に計画的に教育費を準備することができます。子供の将来を考え、計画的に学資金の準備をしたい方にはソニー損保の学資保険はオススメです。

スポンサードリンク
2

ソニー損保の評判

ソニー損保の学資保険は保険会社の中でも人気がある会社のようで、ソニー損保の学資保険は人気ランキング等でも上位にいることが多いように思われます。しかし、上位イコール評判が良いとは一概には言えないようです。というのも、内容だけが重視されるものではなく、満足度というのは対応が大きな鍵とも言えるからです。加入者が一番気になるのは、いざという時の担当者の気遣い、対応の早さだったりするからです。ソニー損保の学資保険は契約者とのコミュニケーションや、プランニング、プランナーによる相談などに重点を置いているのが特徴として挙げられ、評価されています。契約者の声を聞こうとする姿勢が人気の秘訣と言えるようです。ソニー損保の学資保険が継続率が高いのもそういったところが影響しているのです。

ソニー損保の見積もり

ソニー損保の学資保険においては、プランとして2つの方法があるようで、保険料を目安にするものと、学資金を基準にしするものがあります。設計プラン等が明確になっている方はそのプランをもとに、カスタマーセンターやプランナーに相談し、検討してみると良いでしょう。個人的にはそれらのスタッフ等の声を聞く事で会社の相性も感じられるような気がします。ソニー損保は学資保険の他にも、自動車保険なども電話やインターネットで簡単に見積もりを確認する事も出来ます。自分に合ったプランを見つけるためにも検討手段を利用し、比較してみてはいかがでしょうか。

ソニー損保の医療保険

ソニー損保の医療保険は、「病気、ケガ」の基本保障と、治療費が高額になりがちな「ガン」保障を一つにする事で、合理的な保障内容が特徴となっています。これは日本人の入院リスクに関するデータを徹底的に分析して生まれたもので、終身タイプのガン重点医療保険です。また、シンプルな保障と幅広い保障の2タイプ用意されていて、各タイプには病気(ガン以外)、ケガの入院日額が5000円プランと、10000円プランがあります。また、近年では医療技術の進歩により日帰り入院も増えています。ソニー損保の医療保険は全てのタイプで日帰り入院から保障されているで、このような点においてもソニー損保は心配事をサポートしてくれるので心強いと言えるでしょう。

3

ソニー損保の学資保険